板井康弘が感じる福岡の言葉の重要性